読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々草の唄

死ぬまで生きる日々のようす

第11回「人・形」展に参加します

人形のこと

お久しぶりです。

ブログを更新していない間に、人形が売れたり、プライベートというか、日常生活をしていくために悪戦苦闘していたら、もう9月に…

 

早速ですが展覧会参加のお知らせです。

f:id:suicodoll:20160913000901j:plain

第11回「人・形」展

9月28日(水)~10月4日(火)
午前9時~午後9時(最終日は午後4時閉場)
丸善・丸の内本店4Fギャラリー 


参加作家
秋山まほこ 雨沢聖 愛実 亜由美 井桁裕子 石黒知子 E n 岡田好永 カウラ 影山多栄子 春日友布子 加園誠 ガーナベイビーズ 川上勉 COOL氏 古城真理 琥珀 佐伯祐子 桜文鳥 サユリンゴ 神宮字光 垂狐 青扇 sou 踏鞴房 田中雅子 玉青 月見月 戸田和子 中嶋清八 菜奈乃 nogu. 野村直子 林美登利 ヒラノネム 藤伸  槙宮サイ 松田珠江 丸美鈴 森下ことり YU奇 y

9月28日(水)午前8時45分より丸善・丸の内本店1階正面入口前で購入整理券の抽選をいたします。

 

私は、「吸血姫」を出品いたします。

f:id:suicodoll:20160426175207j:plain

大きさ:51cm、材料:石塑粘土、パステル、化繊、アクリル絵の具など

価格:15万+消費税。

f:id:suicodoll:20160426175403j:plain

その他、物販でポストカードと写真集を扱っていただきます。

 

9月28日9時~14時
10月1日13時~17時くらいに在廊予定です。

その他は、平日の夜の最後の1時間とか、行ける日にふらっと行くかと…。

気になることがございましたら、お気軽にお声かけください。

 

スイコ

 

日々の欠片_20160802

人形のこと

気づいたら8月ですって!!
7月は何やらすごく多忙だったような気がするのですが、何もしていないような…。
徐々に何かの歯車は、確実に回っているのですが、目の前のことに集中していて、7月の記憶が鮮やかに残りすぎて遠い過去のようにも思えます。

さて、昨日ようやく人形をお迎え先に発送いたしました。
なんだかようやくホッと一息な気分です。

ホッとする間もなく、なにやら色々することがあるんですがね…

ともかく、この人形には、主と末永く過ごせますように。

f:id:suicodoll:20160802191032j:plain

展示のお知らせ◆グループ展「異界の静国」future deadlock

人形のこと 展覧会

◆展示のお知らせ◆

このたび縁あって、京都にて人形を披露させていただく機会を得ることができました。

+゚*。:゚+.゚*。:゚+.゚*。:゚+.゚*。:゚+.゚*。:゚+

グループ展「異界の静国」future deadlock

会期:2016/7/9(土)~7/24(日)
   ※月・火・水曜休廊
出展作家:三上鳩広、ぴこうさ、フクモトユカ、新竹季次
     中村鱗、櫻井結祈子、朱宮垂狐

会場:green & garden(グリーン アンド ガーデン)
 〒104-0061 京都市中京区猪熊通三条下る三条猪熊町645番1
TEL:090-1156-0225(繁道)
開廊時間:13:00~19:00
ホームページ:http://green-and-garden.net/

+゚*。:゚+.゚*。:゚+.゚*。:゚+.゚*。:゚+.゚*。:゚+

私が今回展示販売いたしますのは
球体関節人形…2体
  「あなたの秘めごと」(2016年6月完成)

f:id:suicodoll:20160628173621j:plain


  「月夜のしゃぼん玉」(2015年4月完成)

f:id:suicodoll:20160628173641j:plain


・チビ人形…1体
  「TACHU #3」(2016年3月完成)
となります。
9月末に東京・丸善で販売する「吸血姫」(2016年4月完成)も展示のみですが連れて行きます。


展示会場へいらっしゃるのが難しい方のご購入をメール・お電話にて受け付けております。
作品リストをご希望の方はお気軽に suico★aol.jpまでご連絡ください。(★を@にしてください)


今回のグループ展のメンバーは、オーナーの繁道さんによるチョイスで、はじめて御一緒できる方々ばかりなのですが、緊張とともにどんな作品が集うのか楽しみでなりません。
こういった機会を頂戴してくださった繁道さん、ご一緒してくださる作家さまに感謝しつつ、どんな方にご覧いただけるのかドキドキしながら展示を満喫して参りたいと思います。

7月9日、10日は夕方くらいから在廊を予定しておりますので、お気軽にお声かけください。
お時間がございますれば、是非ご高覧を賜りますよう謹んでお願い申し上げます。

人形展示の予定(7月~9月)

人形のこと

最近、個人的なプレゼント用にアクリル画を制作しております。
色鉛筆では表現できない肉感が描きこめてとっても面白いのですが、如何せん、難しいです。
いや、その難しさがまた面白いんですけどね。

先日・29日に「人・形」展の公募展(第1次審査合格作品展示)が無事に終了いたしました。
企画のドルスバラードさま、実際にご覧になってくださったり、SNSで気にかけてくださったみなさま、ありがとうございます。

本日・6月1日に、審査結果が発表され、自分が制作した「吸血姫」も、なんと9月末~10月始めにかけて「丸善 丸の内本店」で開催されます「人・形」展で展示・販売することになりました。

第1次審査合格作品展示に参加できただけでも感無量でしたので、棚からぼた餅といいますか、ありがたい限りです。
さらに、来場者アンケートの投票によって決まる「私のお気に入り賞」を頂戴いたしました。
ご覧いただけただけでも嬉しいのに、投票してくださったみなさま、ありがとうございます…!!


**

「吸血姫」はいったん引き取りまして、7月9日~24日に京都の「green & garden(グリーン アンド ガーデン)」で開催するグループ展~「異界の静国」future deadlock~でもお披露目いたします。

9月に展示・販売が決まってしまったので、「吸血姫」は~「異界の静国」future deadlock~では展示のみになってしまいますが、関西方面の方にもぜひ会っていただけますと幸いです。

~「異界の静国」future deadlock~では、新作「あなたの秘め事」のほか、旧作1体とチビ人形1体あたりを展示・販売しようと予定しております。

京都の「green & garden」
~「異界の静国」future deadlock~の詳細☞ http://green-and-garden.net/?p=630

7月は祇園祭りも開催されるとのことですので、遠方の方は、ぜひこの機会に併せてお楽しみいただければ…!
自分は7月9日、10日に在廊を予定しております。
売れたら、最終日あたりにも行けるかな…。

f:id:suicodoll:20160601183949j:plain

☝新作「あなたの秘め事」
まだ衣装というか靴下&ガーターベルトをお裁縫中。
全貌は後日!

また近くなったら衣装付きの新作写真と共に告知します。
引き続き、どうぞよろしくお願いします!

人形考_日々の欠片160525

日々草の唄 人形のこと

99.99999…%、自分が作った人形は50年後、はやければ30年後くらいには消滅するでしょう。
自分が死んだり、持ち主になにかあったり。

自分はそれでいいと思います。
消滅する前に、ある人形がある人に愛され、一緒にその人と時間を過ごすことができれば、素敵だなぁと思いますが。

たぶん、今生きている人間も100年後には誰もいない。
そういったいずれ消える人の記憶の断片に残ることって、すごく贅沢なんじゃないかと、なんだか感じるようになりました。
自分には「同じ時間を生きる」ことへの執着と「同じ時間を生きることはできない」という諦念があり、「一瞬」と「永遠」は等価値だと思っています。

 

3月の展示でも、実際に人形に会ってもらうことの重要さ、実物でしか分からないリアルの情報量の大切さを感じたわけですが、先日ちょうど「見られる厚み」について話題にあがりまして、たしかに多くの人の視線を集めた作品の唯一無二なオーラは、その「モノ」の経験によるものなのかも知れないな…と感じました。
それは、作品に限らず、日用品にも言えると思うのですが、「大切に愛用されているモノ」はやはり、「粗末に扱われているモノ」とはだいぶ雰囲気が違うように思います。


人の形をした「モノ」である人形が、多くの人に見られる経験から得る自信というのが、その人形に現れたらオモシロイ。
たぶんその表れ方も、その人形の性格によって違のうかと思うとなおさらオモシロイです。

ある作家さんが、お迎えしてもらった人形がメンテナンスのために、一時的に作家さんのもとに戻ってきたとき、以前より穏やかな表情になっている気がする…とゆうようなことをツイートされているのも見たことがあります。

個人的には、特定の誰かに想ってもらえるのが、自分が作った人形が得て欲しい環境なので、そのためにも人形を出逢いの場に連れ出すことが自分の義務でもあるとは思っていましたが、それ以外の楽しみが増えました。
今完成している人形たちは、自分が死ぬころにはどんな表情になっているのだろう。

f:id:suicodoll:20160525175157j:plain

☝一体目の人形「狐の少年」


話はそれますが、100年後にも、「人形」という文化はあると思うけど、こんな手作業で1体1体作るのはすっごく古いアナログの化石みたいになってるのでは?。
まぁ、手作業で作るのが好きみたいな人種はいると思うので、その層が何してるのかが気になります。

 

スイコ