読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々草の唄

死ぬまで生きる日々のようす

人形制作日誌_151111

人形のこと

作っていたくて仕方ない感じです。

 

前回投稿した、肋骨の胴体とその頭部は、なんと完成しています。
自分にしては脅威的スピードです。

 

あとは、お腹の中にいれる、薔薇のコーティングですとか、鏡の破片を作るために、ガラスの鏡を調達したり(最近の鏡は安全とコスト削減のために、アクリルが使われてるですよね~)、台座を作ったりせなければならんので、ひとまず放置して、別の人の作業に移ります。

 

f:id:suicodoll:20151111180617j:plain

☝メイクが終わった状態の顔

 

この人の顔は、かなり気に入っています。
予期せずも、なんか師匠の作る人形の顔に近くなってしまいましたが、今までで一番「美人(この場合、黄金比の整った顔を指す)」ですし。

 

f:id:suicodoll:20151111180631j:plain

☝唇も、お気に入りです。

 

(単に肉体の柔らかさとか皺とか捩れが好きなんですが)おちんちんも、すごい美とリアルの狭間を追及してるんですが、写真を載せるとマズイので載せません。

 

最近、人形作りが楽しくて仕方ありません。
厳密に言うと「楽しい」とは違うのかもしれませんが、せずにおれません。

 

もっとたくさんの顔を作りたい。
もっとたくさんの顔を見つめたい。
もっとたくさんの顔に出会いたい。
違う言葉でも、求める欲求は同じで、何故こんなにも人形を作っていたいのか分らない。

 

単に(肉体的には苦痛ですが精神衛生上)気持ちいいからかも知れないし、孤独や不安からの逃避かも知れないし、切なさややるせなさの矛先かも知れないし、その全てのような気もするけれど、そんなことはどうでもよくて、ただ「その子」が作れればそれでいいと思う。