日々草の唄

死ぬまで生きる日々のようす

ある日の欠片180810

その一言は、笑いながらも憂いを帯びていた。

冷たいのは、酷いかも知れないけど、自分よりずっと優しいのかも知れない。